糖質制限

「炭水化物を抜くな」と主張する記事を考えてみた

更新日:

SPONSORED LINK

栄養士の人は必ず、「バランスよく、炭水化物、タンパク質、脂質、繊維質をとりなさい」と指導してきますね。

「糖質制限は危険」という記事が時々出てきますが、揺らがなければいいだけなんですけど、ちょっと反論させていただきます。

炭水化物摂取カロリー:日本は60%

日本では、摂取カロリーの60%を炭水化物からとるという基準があるようです。

この60%という基準の根拠は、実はありません。何か明確な理由があったら教えていただけないでしょうか。

 

糖質制限ダイエットやめての記事が止まらない

いくつか最近の、炭水化物抜きダイエットは「効果がない」、「やめろ」という記事を紹介しますと、

まずはアメーバニュースからですが、

■6:炭水化物は抜く

確かに、炭水化物の“食べすぎ”は太るもと。だからといって、極端に摂取量を少なくしたり、完全に抜いたりしていると、かえってダイエットや健康管理に失敗する恐れも!

栄養士は「炭水化物は私たちの脳や体に栄養を与えてくれる大切な栄養素でもあります」と話します。精製された小麦粉から摂る炭水化物ではなく、全粒粉や野菜などから摂るよう心がけるといいそうですよ。

実は効果なし!? 定番と思いきや「栄養士は絶対やらない」健康法6つ - Ameba News [アメーバニュース]

脳の事が書かれていますが、脳のエネルギー源として糖は必須ではなく、ケトン体が十分その代わりを成し遂げる事が分かっています。
そして最低限必要な糖(血糖値は常に一定に保たれている必要があります)は、肝臓がタンパク質から糖を作り出す能力:糖新生を持っています。

また、美レンジャーの記事ですが、

「炭水化物抜きダイエット」という言葉が流行してから数年たった今。過度の炭水化物抜きは体に悪影響を及ぼすことが指摘され、その考え自体が見直され始めています。

しかし、それでも白米=太るという考えにさいなまれ、未だ白米を摂取することに抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、パーソナルトレーナーとして食生活指導も行っている筆者が、炭水化物を抜いたときの体へのリスク5つをお伝えします。

美レンジャー | もはや危険行為!実は太るし生理痛も…「炭水化物抜き」5つの危険 - 美レンジャー

ここにあげられている5つの事は、単に「低血糖」の影響の事をあげておられます。
一定期間以上、糖質除去をしていると、TCAサイクルが安定してきますから、低血糖にはなりません。
ただし、治療でインシュリンを注射されている方は、炭水化物を抜きますと低血糖になりますので注意が必要です。

まとめ

「糖質制限をやめて下さい。」と言っている人はどういう人かと見ますと、栄養士の方が多いです。美レンジャーの記事を書かれた方は食生活管理士です。

低血糖にならないことは分かってますのでこういう記事で心揺らがせる必要はないと言う事ですね。

余談ですが、栄養学はなんと1914年に佐伯 矩という人が設立した私立の栄養研究所(世界初)が発祥の学問なんですね。

栄養学が芽生えたのは、1914年(大正3年)。佐伯によって営養(栄養)研究所が創設され、医師10名、高等師範1名に栄養に関する講義が行われた。

栄養学 - Wikipedia

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-糖質制限

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.