ローカーボ食材

糖質制限はお金がかかる・・・のは事実

更新日:

SPONSORED LINK

うえきちです。

糖質制限やってると、ちょっとご飯にふりかけで終わりってわけにはいかないですよね。インスタントラーメンとかうどんとか・・・炭水化物だけで終わらせるのは簡単だし安上がりです。これが糖質制限やってて悩ましいところです。

できるだけ安く食材確保する努力

メインのたんぱく質をどう揃えるかがまず悩ましい。グラムあたりの値段だけでいうと、

牛肉>豚肉>鶏肉

となると思います。最近は牛肉、豚肉はオーストラリア産やアメリカ産のが大量に出回るようになっています。国産の4分の1ぐらいの値段で売ってますが、見ているとさすがにあまり売れてないようです。

わたしは牛肉の場合はオーストラリア産のを選ぶようにしています。BSE問題で外国産で1番安全とされているからです。

とはいえ、日本産の和牛の美味しさは値段は高いが捨てがたい。

毎日こんなん食べてるわけではありませんが、、、

黒毛和牛 半額

 

和牛って高いので、よく見ているとたまに時刻に関係なく半額シールが貼ってるんです。ふだんはオージー・ビーフで満足してますが、やっぱり和牛は美味しいですよね。

別に牛肉って鮮度が落ちるとまずくなるものでもありません。熟成肉が流行ってるぐらいですから。自然とうまみが増してるかもしれません。(店頭で古くなってる肉は熟成肉とは保管条件が違うので旨味がましたりしないですよ)

アメリカ産の牛肉があまりにも売れなくて、色が完全に茶色になってるのが残ってたりしますが、いくら半額でもさすがに買う人いないと思うのですが。。。

正しい牛肉の焼き方

ご存知の方、多いと思いますが念のため。

最初は強火で両面を焼きます。こうすることで中の肉汁がでないようにします。中途半端な火加減でダラダラ焼いていると、中から肉汁がどんどん出てきて肉がパサパサになってしまいます。

表面にやや焦げ目がつくぐらい両面を焼いたら、レストランなどではオーブンに入れて10分ほど中まで熱をいれるようです。焼き加減はこの長さで決まります。

家庭でオーブンがない場合は、弱火にしてフライパンにフタをします。同じく10分ぐらい火をとおします。

両面強火で焼いただけだと仕上がりはレアになります。10分ぐらいだとミディアム、15分〜20分だとウェルダンでしょうか。

調理器具や火加減の条件でこのあたりは変わりますので、調整してみてください。

調理すると美味しくいただける

豚バラ肉を、単に塩コショウで焼いて食べてた時は味気なくて物足りなかったです。

鶏肉はやっぱりそのまま焼くか、たまには唐揚げにします。唐揚げは糖質を気にしないといけないですけどね。他の美味しい料理が思い浮かばないんです。

豚バラはゴーヤチャンプルに使うととても美味しくいただけます。ゴーヤが取れる夏に限るのですが、簡単で美味しいので超おすすめです。

 

DSC_2125

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ローカーボ食材

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.