ローカーボ食材

低糖質パンランキング

更新日:

SPONSORED LINK

うえきちです。

糖質制限していると全くパンは食べられないと思ってますか。

もちろん従来からあるパンは炭水化物の代表みたいな食べ物ですので糖質制限するなら真っ先に避けるべき食べ物になります。糖質量はどれぐらいかというと、重さの約半分なんですね。

パンを抜くために食べられない食べ物たち

パンがダメだと、サンドイッチ、ホットドッグ、ハンバーガーといった食べ物もダメになります。パンに何かを挟んで食べるもの系ですね。

それと地味ですが、パン粉を使ったものも控えた方がいいですね。トンカツ、エビフライといった揚げ物系です。揚げ物って油を使っているから太るなんて思ってる人、多いかもしれませんが実際には油ではなくてパン粉の糖質が太る原因だったりします。

こういった美味しい食べ物を全部あきらめないといけないのでしょうか。

糖質を気にせず食べられるパン

糖質がほとんど入ってないパンなら、糖質を気にすることなくパンが食べられますね。

糖尿病でもパンが思いっきり食べられるんですよ。これなら食べ過ぎてもダイエットできます。

また、おろし金でパン粉を作ってトンカツやエビフライを作ることができますよ。

低糖質パンランキング

1位 大豆ロールパン

糖質は100gあたり4.6g、1本あたり2.3gです。食べた感じは身が詰まって歯応えを楽しめますが、味は普通のパンと見分けがつかないと思います。楽天の低糖質パンの中ではベストセラーNo.1です。

2位 低糖質クロワッサン

糖質は100gあたり3.8g。糖質は1位のロールパンよりも少なめ。惜しいのは1位のロールパンはバターを使っているのに対してこちらはマーガリンを使っている点。マーガリンはトランス脂肪酸です。

3位 低糖質食パン

やはりパンといえば食パンが欲しいですよね。サンドイッチを作るのにこの形がありがたいです。ゆで卵を潰してマヨネーズと混ぜて低糖質食パンに挟めば美味しい卵サンドができますね。

私のおすすめ

ご紹介したものは全部冷凍で届けられますので、長期間の保存もできて、料理のバリエーションが広がりますよ。

ロールパンはそのまま食べるもよし、半分に切れ目を入れて何かを挟む事もできて応用範囲が広いです。おろし金で削る時は丸いので持ちやすいです。 ただ、サンドイッチが好きな場合は食パンがオススメですね。

是非いろいろ試して楽しんでみてください。

ではでは〜

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ローカーボ食材

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 AllRights Reserved.