糖質と病気

糖質の摂り過ぎはガンの原因?

更新日:

SPONSORED LINK

以下の情報はFacebookで知ったものですが、内容が内容だけになかなか検索するだけでは1次情報にたどり着けませんでした。ネットで検索できる程度の記述に限定して公開することにします。

1883年、ドイツに生まれたオットー・ウォーバーグという医師が、癌細胞は解糖系で嫌気性であることを発見した。

そして癌の原因は、糖類の摂取であると結論付けた。

何故こんな昔に癌の原因が分かっているのに今だに治療は切除や放射線、抗がん剤なのかというと・・・。

興味のある方は調べてみてください。本はあるようです。


Appleのスティーブ・ジョブス氏はマクロビオテック、フルータリアン、ベジタリアンであったという話がネットであります。寿司とそばが好きという話と若干矛盾するのですが、糖質を多く摂取していたのではないかと思われます。

糖質過多から膵臓に負担がかかり、腫瘍が見つかっても上記の食事を続けたそうで、そのために癌化して膵臓から転移して56歳の若さで亡くなってしまいました。

彼が糖質制限してたらどうなっていたかと思ってしまいます。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-糖質と病気

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 AllRights Reserved.