ローカーボ外食

糖質制限のためにCoCo壱番屋でご飯なしにしたら安くなったよ

更新日:

SPONSORED LINK

うえきちです。

ココイチのルーがたまらなく好きなんです。今日も食べてしまいました。

ルーを多く頼もうと思ったらご飯を増やさないといけないと思ってませんか?実は頼み方が違うんですよ。

ご飯なしの時の頼み方を説明しますね。

ご飯500gのルーでご飯抜きって言ったら店員さんが混乱します。

CoCo壱番屋では、まずカレーメニューを選び、辛さを選んで、ご飯の量、プラストッピングを伝えるのがツウの注文スタイルです。

「ロースカツカレー、3辛、400g」
といった感じです。

 

そこでご飯を抜きたい!と思ったら、この流れで行くと、

「ロースカツカレー、3辛、400g、ただしご飯抜きで」

となると思うじゃないですか。

 

実際はこれでも良いんですが、慣れてない店員さんだと頭が混乱しちゃうかもしれません。現に混乱されちゃって、注文を厨房へ伝えようとした時に店長さんから怒られてました。

 

申し訳なく思ってます。

カレーの種類+ソースって言います

まず、ソースの種類を選んで、増やしたかったら追加ソースを伝えます。

「ポークソース、3辛、追加ソース2つ」

追加ソースは100g分に相当するそうなので、500g分のカレーソースになります。辛さも指定できます。

そして食べたいトッピングを伝えます。

ロースカツカレー500g3辛の場合264円お得になります。

節約したいんじゃなくて、ご飯を残したくないだけなんですが、お会計でしっかり値段が下がってました。

普通にロースカツカレー500g3辛を頼んだ場合、ロースカツカレーが732円、3辛で63円アップ、500gだと200g分アップで206円。合計1081円となります。

ソースとトッピングという頼み方をした場合、ポークソースが258円、追加ポークソース2つで206円、3辛が63円でソースが527円、トッピングロースカツが290円なので合計817円です。

 

実際のレシートはこちら。
Receipt

実際にはライスを500g抜いてるので515円の差額になりそうですがそうはならないものですよね。

実際の提供は丼茶碗にこってり、トッピングは別皿

最初CoCo壱番屋でこんな出され方をしたことがなかったので驚きました。

まあ、よく考えたら普通のカレー皿にルーを入れる必要はないですから当たり前かと一人納得しました。

CoCo壱番屋 ポークソース ロースカツ

こうして見ると結構な量ですよね。これがポークルーに追加ルー2つの量です。

ポークソース

トッピングのロースカツがこちらになります。普通上からカレーをかけて持ってくるんだからカレーの中に突っ込んどいてくれても良かったんですが、別々に持ってきてくれるあたりに気遣いを感じますね。さすがCoCo壱番屋!

ロースカツ

といっても別々に食べたら美味しさが半減するので速攻でぶち込みました。

ロースカツカレーソース

ただ、なみなみのルーの中をカツが泳いでる感じなので、いつものようにカツをスプーンで切ることができないという欠点がありました。今後の課題になるでしょう。

結論:CoCo壱番屋は良心的でした

普通、ご飯抜きでって頼んだら「値段は同じですよ」って言われるのが関の山なんですよ。

まあ、こっちも値段下げて欲しくてご飯抜きでって言ってないのでいいんですが。

そこをいち早くループラストッピングが選択できるようにしてるってところが、CoCo壱番屋がお客さんのニーズにきめ細かに答えてますよね。

CoCo壱番屋がますます好きになりました。

念のためですが、カレールーには小麦粉が入ってるのと、カツの衣はパン粉ですのでこれも小麦粉で糖質です。糖尿病の方や、厳格に糖質制限をされている方にはおすすめできませんので悪しからずご了承ください。

ではでは〜

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ローカーボ外食

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 AllRights Reserved.