ローカーボ食材

国産牛のモツがどうしてこうも入手できなくなったのか

更新日:

SPONSORED LINK

久しぶりに家でもつ鍋をしようと思ったんです。

もつが米国産しかなくなってる

それで、いつも買っている近所の肉屋で国産牛もつを探したんですよ。

ところがなんと、全部「米国産」になってる。

米国産牛肉といえばBSEでお馴染み

もう忘れました?脳が海綿状になって死に至る病気です。

日本人は感染しやすいといわれているやつです。

最近スーパーでもやたらと米国産の牛肉が目立ってる

ステーキ肉も、でかいけど安い。よく見てるんですが買ってる人を見たことがないです。でも、売れてるんでしょうね。

アメリカ牛肉は、とことんコストパフォーマンスを追求したから輸入でもあそこまで安いんでしょう。

でも考えてみてください。アメリカ牛のエサは肉骨粉ですよ。

肉骨粉(にくこっぷん)とは、飼料、肥料の一種。
牛・豚・鶏から食肉を除いたあとの屑肉、脳、脊髄、骨、内臓、血液を加熱処理の上、油脂を除いて乾燥、細かく砕いて粉末としたもの。豚・鶏の飼料、農作物の肥料、ペットフードの原料となる。安価で、蛋白質、カルシウム、リン酸質が豊富で高い栄養価を誇るため、BSEの問題が起こる前まではよく用いられていた。加熱処理が施されており、通常の寄生虫、細菌類は死滅し、衛生上も問題がない。

〜中略〜

米国FDAは未だに動物に非反芻動物のタンパク質を牛の餌に与えることを許容している。例えば、鶏糞や畜粉を牛に与えることは許容されており(糖蜜飼育,鶏糞飼育)、牛や豚の肉骨粉は鶏の餌として与えられている。

肉骨粉 - Wikipedia

アメリカ産の肉はだから食べたくないんです。

だから当然モツもダメです。

オージー・ビーフは安くて安全だけれど

その点、オーストラリア産の肉は日本産の牛肉より安いのがいいですよね。安全性はたぶん大丈夫。

牛海綿状脳症(BSE)とは?BSEは、オーストラリアにも存在しますか?

狂牛病として知られている牛海綿状脳症(BSE)は、オーストラリアには存在しません。
伝達性海綿状脳症(TSE)は、家畜や人間を含む多くの動物で検知された中枢神経系の不治の病です。TSEの中でも、牛の神経を侵すのが牛海綿状脳症(BSE)、羊が対象となるのがスクレイピーです。
オーストラリアは厳格な検疫措置と監視プログラムを実施し、TSE検知の国際基準を満たしています。オーストラリアはTSEのない国、そしてBSEに関しては「無視できるリスク国(最高ランク)」として認定されています。

牛海綿状脳症(BSE)とは?BSEは、オーストラリアにも存在しますか?

美味しさという点では和牛にはかなわないですけどね。

もっとオージー・ビーフを食べたいのに扱いが少ないんですよね。

とはいえ、もつ肉は傷みやすいんで、国産の新鮮なのがいいんですね。

近所で買えないならネットで買うしかないじゃないですか

楽天で一位のは、なんと松阪牛なんですね。とびきり美味しいんだろうな。

でも高いですね〜。

松阪牛は高いです。でもうまさは間違いないです。

わたしの僅かな”松阪牛食べた経験”からですが。

松坂牛のもつ鍋はいいですよ。

-ローカーボ食材

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.