禁酒

お酒の飲み方で太る。ダイエットできない飲み方とは。

更新日:

SPONSORED LINK

 

最近、禁酒してダイエットする記事が増えましたが、少し間違ってると思うところがあります。

間違いやすいところですので、確認のためにポイントを整理しておきます。

2つの間違ってるポイント

大手メディアや「医師が・・」って表題にあるのに間違ってる事書かれてます。

間違ってる所をざっとまとめます。

蒸留酒なら飲んでも太らないは間違い

私も最初間違ってたポイントはこれでした。

確かに蒸留酒には糖質が入ってないので、血糖値は上がりません。

 

それイコール太らないと思って大量に飲んで、減量できずに苦しんだ時期がありました。

 

アルコールはゼロカロリーとかエンプティ(空)カロリーとか言われますが、砂糖とは少し違う代謝過程なんですね。

だから蒸留酒だから絶対に体脂肪にならないという話は根本的に間違ってます。

後で解説します。

一緒に食べる油やたんぱく質が太る原因はウソ

糖質制限をされてる方なら脂肪(油)やたんぱく質をいくら食べても太らないのはすでに経験されてますよね。

特に根強く油の摂取と肥満を結びつけたがる人が多いようです。

体脂肪は油といえばそうですが、体脂肪の元は食べた油じゃないんです。

食べた油もそんなに吸収されません。

お酒を飲んで太る原因

お酒は飲み方によって急激に太る原因になります。

説明のために少し化学的な言葉がでてきます。

飲むスピードが早い

飲んだアルコールが太る原因になるかどうかは、肝臓がアルコールを処理できるスピードが追いついてるかどうかで決まります。

肝臓はアルコールが体内に入るといろんな物質に変換されて最終的に二酸化炭素と水になります。

ところが飲むスピードが早くて処理が追いつかないと、二酸化炭素と水になる前にクエン酸になるところが、中性脂肪とグリセリンが貯まるのです。

お酒を飲んでる人で、血液検査で中性脂肪が高い人は多いと思います。

中性脂肪はいずれ脂肪細胞に取り込まれていきます。

炭水化物を食べすぎてしまう

お酒を飲んで自分へのブレーキが利かなくなっていると、どんどん食べる快感を求めてしまいます。

たんぱく質とはいえ、際限なく食べてしまいます。

 

それだけならまだましで、普段炭水化物や糖質を食べないようにしていても、酔いが深まっているとつい目の前の炭水化物を食べてしまうことになりやすいです。

 

特に、シメのラーメンや、夜中の宅配ピザなどはありがちです。

ダイエット中のお酒の飲み方

肝臓がしっかり仕事を終えられるように、お酒を飲むスピードと量をコントロールする事が肝心です。

酔った状態のまま寝ないといけない状態というのは飲み過ぎです。

ゆっくりと蒸留酒を飲む

 

蒸留酒というのは、焼酎、ウイスキー、ブランデーなどです。

ゆっくり飲むためには、水、炭酸水、お湯などで割って薄めるといいでしょう。

糖質が少ない果実を入れると美味しくなります。

レモンは果汁なら100gあたりでも2.5gですから気にしなくていい量です。

 

ゆっくりと間隔を開けて飲むと、思ったより少ない量で酔い始める事に気付くかもしれません。

一気にたくさん飲むと、後で急激に酔いが回ってしまいます。

最初に量を決めて守る

自分はどの程度は飲みたいか、どの程度以上飲んだらブレーキが利かなくなるかを知っていますか?

知らない人は、まずその量を測って下さい。

飲んだ量をメモし、次の日にどれだけ飲んだらどうなるのかを思い出してメモしておきます。

ブレーキが利かなくなる量以上は飲まない事です。

 

ダイエット中のお酒まとめ

どうしてもダイエットしたいなら、当然お酒は飲まないのが一番です。

他の努力を全部帳消しにするパワーがお酒にはありますので本当に要注意です。

それでもお酒が飲みたい場合は飲むスピードと量がポイントです。

最初に量を決めて、ゆっくり飲みます。

 

何かを忘れたいとか、楽になりたい時はお酒は飲まない方が無難です。

お酒を飲み始めるとスピード調整が利かなくなるからです。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-禁酒

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.