効果的なダイエット 糖質制限の効果

1日1食が調子が良い

更新日:

SPONSORED LINK

うえきちです。

栄養士の方は「3食きっちり食べなさい」と言われます。

これって本当でしょうか。

「朝食を抜くと力が出ない。」

「朝食を家族一緒に食べる家の子は成績がいい」などなど・・・この手の話は枚挙に暇がありません。

朝食を抜いたら力が出なかったらとっくに人間は絶滅している。

昔々、食べ物を貯蔵するなどしていなかった時代はどうだったのでしょうか。

その時代の人は朝起きてすぐ食べ物がありますか?

たまたま近くに美味しい実がなった木が生えている場合は食べられるでしょう。

狩猟や漁労などをしていた時代の人は、まず獲物をとりにいかないといけないですよね。

その時に「腹が減っては戦はできぬ」などと言っても食べるものがないのです。食べたければまず、獲物を狩りに行かないといけないのです。いつもよりパワーが必要ですよね。

「朝食を抜いたらパワーが出ない」というのは思い込み

いつも糖質を食べている人は、朝起きた時に血糖値が下がっていて空腹を強く感じます。

そのまま朝食を食べなかったらさらに血糖値が下がって低血糖状態と同様の症状が出るかもしれません。

糖質除去をしていると強烈な食欲がなくなる

最近、朝も昼も食欲がなくなってしまったというのは本当。

食べないと若干空腹感を感じますが、別にやり過ごす事が出来る程度しかありません。

強烈な空腹感というのは血糖値の急激な下降から生じてます。

糖質除去の食事をしていると、常に肝臓で糖新生でタンパク質から糖分は産生されるので血糖値はほぼ一定に保たれています。

長寿遺伝子が活性化される

サーチュイン遺伝子とも言われていて、飢餓・カロリー制限によって活性化されるそうです。

科学的な証明は現在研究されている所だそうですが、1日に1食だけにすると体の調子がよくなったという話はよく聞かれます。

たけし、タモリ、白鵬も…「1日1食」で熟睡&疲れナシ

まとめ

最大の楽しみは食べることなのに、つまんない話かもしれません。

糖質制限をしていると、食欲の乱高下が少なくなります。 一日中何かを食べたいか、食べてるとか、そこまでいくと楽しみを通り越して食欲の奴隷になってると思いませんか。

1日に3回食べなくてもいいし、ちょっと体調が悪い時は食事を抜いちゃった方が良いと覚えておいていただければよろしいかと。

ではでは〜

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-効果的なダイエット, 糖質制限の効果

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.