ローカーボ外食 ローカーボ食材

成型肉食べるぐらいならオージー・ビーフでいいじゃない

投稿日:

SPONSORED LINK

今日は肉の日ですね。

せっかくなんで(?)焼き肉にする予定です。

成型肉っていう作り物の肉知ってますか?

成型肉(せいけいにく)は、細かいくず肉や内臓肉を軟化剤で柔らかくして結着剤で固め、形状を整えた食肉。牛肉の赤身に牛脂や食品添加物などを注射した、「インジェクション加工」と呼ばれる処理を施した牛肉も含まれる。

成型肉 - Wikipedia

一見いい肉に見えてても、よく見ると古そうな肉と新しそうな肉がひっついている。

食べると牛脂も混ぜられているので霜降り肉かのように錯覚もする。

でも、美味しくない。当たり前なんですよね。クズ肉だったり内臓肉だったりするので。

成型肉がレストランで出されることもある!


成型肉の場合「よく焼いてください」って言われるのね。


ココイチのビフカツが成型肉?!本当なの?

いきなりステーキって成型肉なの?

https://twitter.com/nia_suzuki/status/674209843784224768

安いですから気になりますね。

「1千円以下の安いステーキを提供する店では、コストを安くするために成型肉を使用しているケースが多いんです。成型肉とは、骨の周りから削り取った端肉や内蔵肉を結着して作った肉塊に巨大な注射針で牛脂を注入した、人工的な霜降り肉のことなんですが…」(飲食業界誌記者)

『いきなりステーキ』の肉も成型肉?

「いいえ、正真正銘、生肉です。外食業界の平均的な原価率は30%程度ですが、『いきなりステーキ』の肉の原価率は70%超。これだけ上質な肉を1g=5円~の価格で提供するのは、他のチェーン店では真似できないところでしょう」(同)

人気に陰り見え始めた「いきなりステーキ」 辛い内部状況とは - ライブドアニュース

ということで、大丈夫なようです。

楽しい肉の日を!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-ローカーボ外食, ローカーボ食材

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.