禁酒

改めて断酒します。自分のために

更新日:

SPONSORED LINK

こちらの記事でも、ダイエットに酒は大敵だという話をしてましたが・・・正直、お酒ヤメられていませんでした。これってアルコール依存症なんじゃない?と思い出し、ググってみたらお酒がダイエットに悪い理由が明快に分かってしまいました。

お酒飲むと太るメカニズム

お酒を飲むと、アルコールは肝臓で一生懸命分解されます。アルコールやその分解産物アセトアルデヒドは毒なので、肝臓は最優先でアルコール処理に集中します。 すると、炭水化物を食べていてもそれは糖に分解されず、糖新生もストップしてしまうので血糖値が下がります。 血糖値が下がると、「お腹がすいた!」状態になります。

お酒を飲むと爆食してしまう

アルコール処理に肝臓が集中している間中、低血糖ぎみになるのでとめどなく食べてしまうことになります。 しかも無制限にです。宴会の後にラーメンまで食べてしまえるのはこういう事だったんですね。
ウイスキー・ブランデー
しかし、最近はもっぱら晩酌が楽しみでもあったのですが大丈夫なのか?私。全くお酒飲まない、飲めない人には不思議に映るでしょうね。 私を鼓舞するために、断酒された方が言っておられる事をまとめてみました。

断酒しているとすぐ満腹感を感じる

アルコールによる肝臓独占状態の結果生じる低血糖にならないのですから自ずとそうなりますね。 お酒を飲むといろんな感覚も麻痺してきますから、食べ物が美味しさもあんまり分からなくなります。 酔いだしたら微妙な味覚は分からないですね。

断酒していると夜の時間が有効に使える

飲んでると、酔ってるだけですから。思考力は低下しますので人生について考えるとか、問題を解決するとかできなくなります。 嫌なことから逃げるためにお酒を飲んでるかもしれません。

断酒していると朝の目覚めが元気いっぱい

程度の差こそあれ、お酒を飲んだら

  • 睡眠の質が悪くなります
  • 就寝中、脱水症状になります(アルコール分解に必要)
  • 寝ている間も肝臓はアルコールの処理に追われ続けます

そうすると、朝起きた時にしんどいはずです。お酒を飲んでいないとこのしんどさから開放されます。 すぐ活動できるので、朝から有効に時間が使えるようになるでしょう。

まとめ

ダイエットにお酒はダメなことは改めて分かりました。 私が本当に怖いのはアルコール依存症の進行と、朝晩の時間がもったいない事なんです。 あ、禁煙の仕方と同じなら、断酒の実行する日を決めるというのは有効かもしれないですね。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

-禁酒

Copyright© 糖質制限で体革命 , 2017 All Rights Reserved.